ニースの美術学校で絵画を楽しむロングステイ

February 16, 2016

数々の巨匠たちを魅了してきた南仏。

ニースには数々の美術館もあり、アート好きには飽きない街です。

シャガール、マティス、ボザール美術館、アジア美術館、マセナ美術館など、数々の美術館を巡り、さらに絵画を楽しみ、感性を磨くロングステイの楽しみ方は、アーティスティックな方にぜひオススメです。

 

 

絵画の道具を現地で揃え、南仏の空気に触れながら海辺で風景画を描いたり、絵画レッスンに参加したりと、南仏を絵画で感じるのも、ニースでのロングステイの一つの楽しみ方です。

それでは、ニースの絵画教室はどんな所があるのでしょうか?

 

 

 

◼︎Chez Carole(シェ・キャロル)

美術教師としての豊富な経験をもちながらアーティストとしても活動を続けるニソワのキャロルさんの美術学校「Chez Carole(シェ・キャロル)」。マセナ広場から近い、ニースの中心に位置する学校。

子供から、学生、大人の生徒までと年齢層も幅広く、デッサン、絵画、水彩画などが学べます。

グループレッスン・・・70ユーロ/2時間

 

《公式サイト》

http://atelierchezcarole.com/spip/spip.php?article3

 

※画材は現地で用意します。

 

 

 

 

◼︎Espase Gred(エスパス・グレッド)

街の中心に位置するアーティスト向けの絵画教室。マヤさんと芸術家のオリビエさんが経営しており、ギャラリーも兼ねていて、年間3〜6回もの展示会を開催しています。

クロッキーデッサン、水彩画、油絵、彫刻、模型製作など、絵画から立体的な芸術まで幅広く、またそれぞれの分野で専門的な知識を学ぶことができます。

グループレッスン・・・40ユーロ/1時間

(個人レッスンもあり)

 

《公式サイト》

http://espacegred.fr/

 

※画材は現地で用意します。

 

 

屋外での風景画のレッスンや版画のレッスンもあります。

 

 

その他にも、モデルを前にデッサンの体験ができる絵画教室や、退職後に絵画教室を始めた方から個人でレッスンを受けられる教室などもあります。

ぜひ南仏、ニースでより感性を磨く滞在を経験してみてください。

きっと新しい自分の発見があるでしょう。

 

 

 

 実際のモデルを前にデッサンの練習。

 

 

 

海外ステイでは、お客様の好み、ロングステイの日程に合わせた絵画教室をご案内いたします。

無料体験レッスンで一度試してから、レッスンを受けることも可能です。アートな滞在をご計画中の方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

 

Please reload

Search By Tags